事務所便り


2017/07/26

【B型肝炎】原告が200名を突破しました

固定リンク | by:水戸翔
平成23年6月、国と原告団・弁護団との間で「基本合意書」が締結され、これにあわせ、おもに茨城県内のB型肝炎患者のみなさんの救済をすすめるべく、茨城弁護団を結成し、以降おもに茨城県内の患者さん・ご遺族の方の裁判を提訴してきました。
 
平成24年3月の第一次提訴以来、毎月提訴を重ねてきましたが、平成29年7月に原告数が200名を超えました。和解件数は130件、相談累計も640件を超えました。早期解決のため、弁護団としても鋭意努力してまいります。

40万人ともいわれる感染者のうち、救済を受けられたのは1万人程度です。
いまだ救済のされない患者さんがたくさんいらっしゃいます。弁護団としても、制度を知らない患者さんにへお知らせすべく、関係機関と連携・協力しながら進めております。

B型肝炎感染による様々な症状でお悩みの方、症状はないけれど今後のことが心配という方、給付金を受け取れる可能性があります。
お一人でなやまず、まずは弁護団にご相談ください。
 
B型肝炎の検査を受けたことがない方も、一生に一度は肝炎検査を受けましょう。
ウイルス肝炎の検査は、保健所で無料で受けることができます。市町村の健康診断でも受けられる場合があります。最寄りの保健所、またはお住まいの自治体の保健センターや健康増進課等にお問い合わせください。
16:07 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
水戸翔合同法律事務所 Copyright©Mito Habataki Law Office. All Rights Reserved.