債務整理とは?

 債務整理とは,弁護士が介入することで,依頼者の実情に適った借金の整理をしていく手続きです。
 債務整理には、以下の3つの方法があります。

任意整理

任意整理のイメージ 任意整理とは、裁判所を通さずに弁護士が各債権者と返済方法について交渉し、借金の減額や今後かかる利息を原則カットしてもらうなど、月々無理のないように返済することを可能にするための手続きです。
  任意整理の手続きですが,概ね以下の流れで進めて行きます。

 まず、弁護士が各債権者に対し、あなたから依頼を受けたことを通知します。この通知によって、債権者からあなたへの請求(利息の請求も)はストップします。
 そして各債権者から、あなたの借入当初からの取引履歴を取り寄せて調査し、その結果、あなたが法律で定められた利率(15%~20%)を超える利息を払っていたことが判明した場合には、利息の再計算をした上で、債権者に対し、債務の減額と今後かかる利息を原則カットして、3年から5年を目安に完済ができるように交渉します。

任意整理のメリット
  • 過払い金が発生している場合には,お金が一部返ってくる場合があります。
  • 債権者からの厳しい催促や取立がストップし,平穏な生活が取り戻せます。
  • 非常に高く設定された利息を引き下げることができます。
  • 弁護士が債権者と交渉することで,借金の総額を減少させることがっできます。
任意整理のデメリット
  • 消費者金融等が保有する信用情報に載ってしまうため,5年間ほどクレジットカードを利用することができなくなります。

自己破産

自己破産の手続きの流れ 自己破産とは、あなたの借金をこれ以上支払わなくてもよくするための手続きです。
 弁護士を通して、あなたが借金を返済できない状態にあることを裁判所に申立て、裁判所から免責を許可されれば一切の借金は免除されます。ただし、破産する場合には、生活必需品以外の財産は、原則すべて処分されます。
 また、破産申立の際には、あなたが借入に至った事情や財産の報告、現在の経済状況などを記載した書類を裁判所に提出して審査してもらうことになりますが、借入した理由や内容によっては裁判所が免責を許可せず、借金が免除なされない場合もあります。
自己破産のメリット
  • 裁判所に免責が許可されれば借金の支払は免除されます。
自己破産のデメリット
  • 生活必需品以外の財産(住宅も含まれます)は、原則処分する必要があります。
  • 破産手続き開始から免責確定までの期間は、資格の制限を受ける職業や資格があります。(士業・宅建免許・保険外交員・警備員など)
  • 破産したことについて,官報に掲載されます(但し,官報はほとんどの人がチェックしないため,まず第三者に知られるおそれはありません。)

民事再生

民事再生手続きの流れのイメージ 民事再生とは、今後借金を返済できなくなる恐れがあることを裁判所に申し立て、借金を約2割程度まで減らしてもらう手続です。自己破産と異なり住宅を手放さずに済む方法もあります。

 民事再生の手続をとった場合、借入に至った事情や財産の報告、現在の経済状況などを記載した書類を弁護士を通じて裁判所に提出し、原則住宅ローン以外の借金の約2割程度(最低100万円)まで減額してもらい、それを3年程度で分割返済することになります。

 なお、住宅ローンについては、担保となっている住宅を所有しながら返済を続けて、手放さずにすませることができる特則が設けられています。
  
民事再生のメリット
  • 返済する金額が少なくなります。
  • 住宅を残すことができます。
  • 自己破産と異なり、職業や資格の制限はありません。
民事再生のデメリット
  • 「今後、継続的かつ安定的な収入の見込みがあること」や「住宅ローンを除いた借金が5千万以下であること」などの条件を満たす必要があります。

債務整理の具体例


Aさん・30代・主婦

「以前交際していた男性の借金の肩代わりをしてしまった」
解決方法:任意整理
 30代の主婦のご相談です。
 Aさんは会社員のご主人との間に2人の子供を持つ,専業主婦をしています。Aさんのご主人はまじめに働き,家庭は平穏そのものでした。
 ところが,Aさんは,別の男性と交際していた当時,交際相手から頼まれてAさんの名義で消費者金融から借金をしたことがありました。Aさんは,今のご主人にこの借金のことを相談しづらく,自分の貯金を崩したりして返済していましたが,専業主婦でもあるために,貯金も底を尽きてしまい,借金の返済をするために別の消費者金融から借金を繰り返す,という事態に陥ってしまいました。気がつくと,借金は,6社から総額200万円ほどまで膨れあがっていました。Aさんは,約10年もの間,毎月6万円ほど借金の返済に充ててきましたが,いつまで経っても借金は減りませんでした。Aさんは,ご主人にも借金を知られないようにするためには,借金を返済し続けるしかないのではないかと一人悩み続けていました。
 そんなとき,Aさんは,当事務所にご相談に来られました。当事務所がAさんの借金の整理に着手することで,消費者金融からAさんへの催促は一切なくなりました。
 そして,当事務所が消費者金融と交渉することで,6社のうち3社から,過払い金を取り戻すことができました。また,残り3社の借金についても,大幅に借金の金額を減額することができ,過払い金から完済することができました。弁護士費用も過払い金から支払うことができ,Aさんは,長い返済生活から解放されることができました。Aさんは,無事,家庭の平穏を守ることができたのです。

費用



任意整理自己破産民事再生
着手金債権者1社あたり3万円30万円より50万円より
成功報酬減額分  10%
過払い金 10%

水戸翔合同法律事務所 Copyright©Mito Habataki Law Office. All Rights Reserved.